コバールトリイ®静注用をご使用になる患者さんとご家族へ

8.コバールトリイ静注用の溶解操作方法

1

Alt tag

未開封のバイアルと注射用水入シリンジが冷たい場合、冷たさがなくなるまで手で温めます。
 

2

Alt tag

バイアルのキャップをはずし、ゴム栓の部分をアルコール綿で消毒します。

※ 消毒後、ゴム栓には直接指で触れないこと

3

Alt tag

バイアルアダプターの保護シートをはずし、ケースに入れたままバイアルにしっかり押し下げます。

4

Alt tag

バイアルアダプターのケースのみはずします。

※ バイアルアダプターの針の部分には直接触れないこと

 

5

Alt tag

注射用水入シリンジのゴム栓にプランジャーを時計回りに回しながら接続します。

※ プランジャーの側面、先端部には触れないこと

6

Alt tag

注射用水入シリンジのキャップをつなぎ目で折るようにして、はずします。

※ 注射用水入シリンジの先端部には触れないこと

7

Alt tag

バイアルアダプターに注射用水入シリンジを時計回りに回しながら接続します。

※ 回しすぎると壊れたり、はずれなくなるので、注意すること

8

Alt tag

プランジャーをゆっくり押し下げ、注射用水をバイアル内に入れます。

※ 泡立たないように、ゆっくり押し下げること

9

Alt tag

バイアルを静かに円を描くように回し、完全に溶かします。

※ 強く振らないこと

9

Alt tag

バイアルを逆さにして、プランジャーをゆっくり引き、注射液をシリンジに移します。注射液を抜き取ったら、シリンジはバイアルからはずします。

※ シリンジを置くときは平らな場所に水平に置くこと

11

Alt tag

添付の翼付針のキャップをはずして、シリンジに回しながら接続します。

溶解操作時の注意点

  • 溶解操作は清潔で明るい平らな場所で行ってください。
  • バイアルやシリンジなどの破損や異物の付着がある場合は使用しないでください。
  • 溶解した注射液はすみやかに使用してください。
  • 溶解後3時間以内に使用できない場合は廃棄してください。

 

注射時の注意点

  • 輸注速度が速すぎるとチアノーゼ、動悸を起こすことがあるので、1分間に5mLを越えない速度でゆっくり注入してください。