コバールトリイ®静注用をご使用になる患者さんとご家族へ

6. コバールトリイの保存方法

光の影響を避けるため、外箱に入れた状態で保存してください。

冷蔵庫内(2~8℃)で保存することが望ましいですが、室温(30℃以下)で保存することも可能です。

  • 夏場などに室温が30℃を超える場合や外出時に携帯する場合は、冷蔵庫に保管したり、保冷剤・保冷バッグを使用してください。
  • 一度冷蔵庫から出したものを、再び冷蔵庫に戻さないでください。

 

室温保存の場合は、使用期限を超えない範囲で6ヶ月以内に使用してください。

イラスト

7. 廃棄方法

使用済みのバイアル、シリンジなどのゴミは医療機関・お住まいの自治体のルールに従って、分別・廃棄してください。

使用済みの針は、針捨て容器に入れて、医療機関に渡してください。

イラスト