血友病についてのQ&A

血友病ってなに?

血友病とは?

父親の役割の重要性

血友病とは血が止まりにくい病気です。

止血するのに他の子どもたちより時間がかかります

Alt tag

血友病の原因

血液の中には、ケガなどで血管が破れて出血したとき、血液が体の外に流出しないように固めて傷口に栓をするための成分が含まれています。このような働きをする成分を、「血小板」や「凝固因子(ぎょうこいんし)」といいます。血友病は、この「凝固因子」の一つが生まれつき不足している病気で、そのために出血すると血が止まりにくくなります。

 

&はじめに

現在、血友病の患者さんは全国に約6500人いるといわれていますが、近年、その治療法は大きく進歩しており、出血の予防や関節症など慢性症状の軽減が可能になってきました。適切な管理をすれば、血友病の子どもたちも、他の子どもたちとほとんど変わらない学校生活を送れるようになっています。中高生になってスポーツで全国大会を目指す子もいますし、プロの選手になる人もいます。

 

定期補充療法

定期補充療法は日本では1990年頃から普及し始め、最近では6~20歳の重症血友病患者さんの9割以上が行っているといわれています(参考:厚生労働省委託事業血液凝固異常症全国調査平成30年度報告書)。

Notes icon
  • 事前に校医や近医と出血時の対処法を相談しておく。
  • 軽い出血であれば子ども自身が注射するか、保護者が対応する。
  • 判断に迷うときは病院に電話して主治医に相談する。
  • 緊急の場合は病院に連絡し、必要に応じて校医や近医に応急処置をしてもらう

学校の先生方の心配ごと

Q&A

Q

学校内で気をつけなければならないことはありますか?

A

特にありません。血友病の子どもに限ったことではありませんが、頭部打撲による頭蓋内出血には一番の注意が必要です。頭を打った後に頭痛や吐き気を訴えたり、ボーっとしたりしている場合は、すぐに保護者や主治医に相談し、救急車を呼んでください。

Q

図工や家庭科の授業などで、ハサミ、カッターナイフ、包丁などを使用させてもいいですか?

A

問題ありません。うっかり切ってしまった場合には、圧迫、冷却して止血してください(参考:R・I・C・E と出血部位ごとの対応)。傷が深いときには追加で凝固因子製剤の注射が必要になることがあります。念のため、事前に子どもと保護者に自己注射ができるかを確認し、学校に凝固因子製剤を保管していただけると安心です。

Q

図工や家庭科の授業などで、ハサミ、カッターナイフ、包丁などを使用させてもいいですか?

A

問題ありません。うっかり切ってしまった場合には、圧迫、冷却して止血してください(参考:R・I・C・E と出血部位ごとの対応)。傷が深いときには追加で凝固因子製剤の注射が必要になることがあります。念のため、事前に子どもと保護者に自己注射ができるかを確認し、学校に凝固因子製剤を保管していただけると安心です。

目に見える出血 擦り傷、切り傷、鼻血、口の中の出血

 

目に見える出血は慌ててしまいがちですが、少ししっかり対処することで止血できる場合が多いです。