学校の先生方へ

血友病の子どもたちを担当される先生方へ

家庭療法について

血友病とは?

お薬の注射は家庭療法(家庭注射や自己注射)が主流となっています

家庭療法について

幼稚園に入園する頃には多くの保護者が子どもへの注射を医療機関で習得し、家庭注射を行うようになります。また、多くの子どもたちは、小学校5~6年生頃には、修学旅行など泊りがけの学校行事を機に自己注射の手技を習得するようになります。

家庭注射と自己注射について

血友病治療薬の注射を、病院以外の場所で、患者さん本人やご家族が行う方法を「家庭注射」と呼び、医療機関で指導を受けて習得します。患者さんが自分自身で注射する場合は「自己注射」と呼びます。
これらの方法により、患者さんは凝固因子製剤を携帯していれば、どこで出血しても注射ができ早期に止血ができます。定期補充療法の注射のために頻繁に通院する必要がなくなりますので、学校を欠席しなければならないこともありません。

家庭注射

自己注射

インヒビターとは?

特に重症の血友病患者さんでは第VIII因子または第IX因子が非常に少ないので、体に備わっている免疫反応が治療のために注射した凝固因子を異物とみなし、「インヒビター」と呼ばれる阻害物質を作ってしまうことがあります。インヒビターが発生した場合、出血が多くなるなど治療が難しくなりますが、インヒビターがない血友病患者さんと同様に出血予防や止血が可能です。具体的な治療法は患者さんごとに異なるため、インヒビターがある場合は、対応の仕方について保護者に確認しておきましょう。

PP-JIV-JP-0261-13-06