サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

学校の先生方へ

血友病の子どもたちを担当される先生方へ

緊急時の連絡体制

緊急時の連絡体制

事故が起きてからでなく、本人、保護者、学校、病院、校医、近くの医院などが事前に連絡を取り合っておくことが大切です。また、保護者とは、携帯電話やメールで常時連絡が取れるようにお願いしておくことも良いでしょう。

  1. 軽い出血の場合は本人が注射するか、保護者が対応する。
  2. 対処に困るときは病院の主治医に電話相談する。
  3. 緊急の場合は病院に連絡すると同時に、近くの医院で救急処置を行う。
  4. 近くの医院や校医には血友病の教育テキストを配布し、出血時の対処などを相談しておく。

ケガをし、保健の先生がいない時などはどうしたら良いでしょうか?

自分で注射ができるような年齢であれば、本人に処置を尋ねるのが良いでしょう。本人が判断できない場合には、冷やしたり、圧迫止血しながら、保護者に連絡を取ってください。万一、保護者にも連絡が取れない場合は、直接、病院に連絡を取ってかまいません。