サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

学校の先生方へ

血友病の子どもたちを担当される先生方へ

出血症状と応急処置

目に見える出血

すぐに圧迫止血しましょう

擦り傷、切り傷

すぐに圧迫止血してください。血友病でない子どもより少し長めに押さえておけば、血は止まります。その後は消毒して絆創膏などを貼ってください。圧迫するのをやめると出血し続ける場合は、製剤投与を必要とします。

擦り傷、切り傷

  • 日頃から訓練し、あわてず、落ち着いて対応しましょう

鼻血

鼻血の大半は鼻の入り口の内側の粘膜から出血していますので、小鼻を指でつまめば止血できます。決して鼻の上などを押さえないでください。その後、バラマイシンやワセリンなどの軟膏をつけたガーゼや綿球を、小鼻が膨らむまで十分に詰め込みます。数時間は詰めておきます。軟膏を塗ったガーゼなどは鼻粘膜にくっつかないので、取り除くときに再出血がありません。圧迫止血しても、のどに出血が続く場合は、すぐに耳鼻科に連れていって診察を受けてください。この場合、仰向けに寝かせると気道に詰まる危険があるので、座って頭を下げるようにしましょう。出血が続く場合は製剤を投与してください。

鼻血

  • 鼻の入口がふくらむまでつめる
  • 鼻をつまんで止血する際は、小鼻をしっかりつまむ

血がひどく出るとき

自分で注射ができる

自分で注射ができる

  • 保護者もこどもも自己注射について勉強しています
  • 注射をすれば、その後の対応は他の生徒と同じです

自分で注射ができない

自分で注射ができない

  • 保護者あるいは病院に連絡する

図工や家庭科などで、カッターナイフやハサミ、包丁の使用ができますか?

特に使用の制限はありません。出血した場合、少々の外傷であれば、冷却したり、圧迫したりすれば止血できます。外から見えにくい関節の出血よりは、はるかに扱いやすいかもしれません。万一、深い傷を負った場合は、製剤の助けを借りることになるでしょう。こうしたことを考えると、事前に本人と保護者に注射ができるかどうかを確認した上、保健室にも製剤を置いていただけると助かります。