サイトロゴ

バイエル薬品株式会社

  • 文字の大きさ
  • 小
  • 中
  • 大

血友病についてのQ&A

血友病ってなに?

出血への対処法

9

学童期には特にどんなことに気をつけなければなりませんか。

9

筋肉内出血を起こすと血腫がみられ、神経麻痺や運動障害を起こし、
運動機能を損ないます。

学童期には特にどんなことに気をつけなければなりませんか。

誘因

筋肉内出血は、打撲、相撲などのスポーツ、無理な姿勢をとった時や重い物を持った時などに起こります。しかし、原因不明で起こることの方が多いといわれています。

症状

筋肉組織の中に多量の血液がたまり血腫となるため、激しい疼痛や腫れがみられます。また、血腫が神経や血管を圧迫するため、神経障害や運動障害を起こします。さらに、筋力が低下したり筋肉が動かなくなったり、(瘤のような状態になったりして)運動機能を損なうことになります。
腸腰筋出血は下腹部に痛みがあり、右側の場合には虫垂炎(盲腸)と間違われやすいので注意してください。

治療

できるだけ早く出血を止めることが大切です。下腹部や四肢が痛んだり、腫れたりしている場合は、筋肉内出血を疑って、すぐに病院に連絡してください。
特に腸腰筋出血の場合、初期は直ちに補充療法を行い、痛みのない範囲で牽引を行います。歩行可能となれば補充療法のもとリハビリテーション(機能回復訓練)を行います。

患者さん・ご家族へ

  • 血友病輸注記録アプリFactorTrack
  • 血友病関節ビジュアライザー
  • 血友病患者さんのための情報誌「エコー」
  • かた丸くん忍法ナビ
  • ECHOミュージアム